ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お盆



 今日13日からお盆だ。

横浜駅周辺は大混雑で、欲しい本をさっさと入手し、KQ線にのってぶらり電車の旅をすることにした。

不思議なことに、黄昏時の電車はすいてたので読書に集中できた。

気づくと、目の前には中年やくざカップルが大声で機嫌良く笑いながらいちゃついていた。

そうかそうか。とまた本に没頭。

また気づくと、外国人の家族が目の前にいて、かしましい。

そうかそうか。と。

三たび顔をあげると、日本人の幼い兄弟が。

静かな電車の中、気づくたびに、目の前の乗客がかわるなあとおもいだしたら、唐突に銀河鉄道の夜(猫の方)が思い出され、泣きそうになった。


これもOBON
朝起きたら熱中症





今日は頭痛と吐き気と倦怠感に包まれて目覚めました。 
どうせなら、やさしさに包まれたなら! 

「朝4時に起きると全てがうまくいく」教に入信していますが、 
最近暑くて5時起きに堕落していたので、宇宙からメッセージがきたのかも知れません。。 
教本


塩を取ろうと、帰宅前にスーパーで「行列が出来る店のパスタソース」的なものとペリエレモンを購入しました。枝豆もゆで放題です。 
体調を崩すと、食欲と悪食がでるのでエンゲル係数が跳ね上がります。 
(ところで、パスタ屋に行列が出来るのを見たことが無いのですが・・・ 
とおもったら、「カプリチョーザ」だけは並んでますね) 




「パイレーツオブカリビアン 生命の泉」


 見たいなとおもいつつ、今週で上映終了だったので尻に火がつきみてきやした。

ネタばれ含みます。

*********
ストーリー
英国とスペインによる「生命の泉」争奪戦に、ジャックら海賊たちがのっかって、てんやわんや的な展開となります。
ほとんどカリブ海にいない。いいのかこれ。

*********
キャストについて

今回から、出演者一部変更となり、オーランドブルームも、キーラナイトレイも出ない。
(そればかりか、義眼のお兄ちゃんもでてないではないか!)

オーランドブルームもキーラナイトレイも出てない、
パイレーツって正直しんどいってことが分かった。

というのは、出てくるのが王族か、海賊で「一般人(常識人?)」枠がいないんです。
ボケばっかりでつっこみ不在の映画を3時間弱みるのは正直しんどい。
(本作の感想、これに尽きる)
ギブスおじさんの荷が重い。重すぎる。


(だれも興味ないと思うが)
わたし、ジョニーデップ大好きなんですよ。(青春)
職場のマグカップも巨大なジョニーデップマグカップなんですよ。(みんな失笑)
むかしのハンドルネームなんて、「やまでっぷ」ですよ。(秘)
ジョニーの映画のなかで、パイレーツシリーズが一番すきなんですよ。(嗚呼)
でも、正直しんどかったです。(破)


ジェフェリーラッシュのキャプテン バルボッサは、とっても良かったです!!
彼は、貴族に昇格しており、軍服姿のバルボッサに拝謁できます!
(理由は見てのお楽しみ)
ご飯だけで3杯行けます。
オチも壮快です!!
家にかえってから、AHAHA!!というバルボッサ笑いを単独練習してますが、困難を極めます。

今回、日本人の方が出演されているようですが、全然気づかなかった。
海賊の仮面をかぶりきってるにちがいありません。

新ヒロイン ペネロペさんですが、想像より良かったです。
アクの濃い美人なので、見飽きるかなと思いましたが、カマトトぶってなくて、
また、色気も気持ち悪くなく、ちょうど良い感じで好感をもちました。
妊娠中の撮影とのことでしたが、全然気づきませんでした。

*******

続編を作ろうとおもえばつくれるし、作らなくても良い余韻の残るラストだったので、
物語としては、まとまってたと思います。




もうすぐたんじょうび

 もうすぐたんじょうびです。

こどものころ、今の年齢には漫画家かお母さんになるものだとおもってましたが、
実際は、りょうほうとも違いました。

人生は小説よりも奇なり!!
リーデル チロル シャンパーニュ 
 


日頃お世話になっている知人(独身貴族女史)へ、ささやかな贈り物をすることになり、百貨店を物色していたところ、目についたのが「リーデル チロル シャンパーニュ』。
公式HP http://shop.riedel.co.jp/405-8.html

クリスタル製ですが、マシンメイドなため価格も御手頃。
安定感のあるデザインの為、日常的に使ってもらえると妄想!


住んでる世界が違う、見目麗しいチャンネー(店員さん)に
「これ一つ!」と高らかに。

「御包みしますので少々御待ちください」とチャンネー。
その間、売り場をなめるように物色する、あたくし。

リーデルって、結婚式の引き出物用ペアだとガラス製(御手頃価格)もあるんだな。
でも今回はクリスタルで一客買いだぜ!
(→単品売りされて陳列されている)
独身貴族にふさわしい永遠につづくNENGU?!?!VIVA!
っと、毒づきながらまっていた。

そのとき、驚くべき光景が!

なんとチャンネー、2客セットをばらして、梱包はじめてるやん。
あたくし「これ、一客うりじゃないんすか?」
チャンネー「1客でもおうりしております」

あたくし脳内@もやもや
「いやいやいや、そおりゃ縁起悪いっしょ。まずいっしょ。いかにも独身貴族っしょ。。。。。確定したらどーすんじゃ。(自粛)」

あたくし「こ、これ、もう一つ買います!!
一つじゃ、、、、バラバラにされたら可哀想じゃけん!!
(そして、私との友達の印にしよう。。。泣)」

チャンネー「お、おきになさらなくても良いのですよ」

あたくし「いえいえもーやだやだもー」


********Fin********


てな、流れで、片割れが不意に我が家に。
正直、安くないていうか高い。(時給千円以下の身・・・)
でもこんなことないとなー。これもまたご縁。

今年の買い物基準として「手入れしがいがあるかどうか」を設定しており、それには適合。


とりあえず、飲みたいワインはなかったので、ペリエ ライムを楽しみました。。。

このグラス、銀色週間にパリに連れて行くかな。。


↓ここからも買えます。