ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「おおかもこどもの雨と雪」映画
昨日、細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を見てきました。
言葉で表現できないほど良かったです。

ストーリーは地味で、一見ゆっくりとした話の流れですが、約2時間で13年間分の子供の成長を移しています。
主人公のド根性が、希有で、懐かしい気持ちになりました。
覚悟を決めたら、不満は言わず、ど根性。素敵な女性でした。


一番すごかったのは、色彩!!
今まで見たアニメ映画で、一番美しかったです。絵画で実際の風景より綺麗な描写はありますが、それがアニメで実践・実現されていて、衝撃でした。
空、水、樹木それぞれが、実験的な表現で情報量がとても多いです。
特に雪の色の白と樹木の暗さの表現が、印象的でした。
都会の雪と、田舎の雪は違う・・・。


_________
都会に住むようになって8年目、色を区別できる力が年々弱まっているような気がします。
少し田舎にひっこもうかなとも思ったり。思わなかったり。



噂のレバ刺しこんにゃく。
 ウワサのレバ刺しこんにゃく。慣れてくるとレバ刺しに感じられてくる。添付のごま油タレが良い仕事をしているようです。この量で238円。もう一回くらい買うかもしれません。(^∇^)
そろそろ


そろそろ。またがんばろう。
良かった探し
 



今日はすごくいいことが3つあった。
一つ目、きれいなワイングラスを頂いた!!
二つ目、近所のイタリアンの冷静生パスタがネ申レベルだった!!
三つ目、旦那の都合で遠方に行っていた友人が、旦那の都合で近所に転勤してくることになった!!

ポリアンナの良かった探しを思い出しました!!!


地球恋愛(1)ヤマザキマリ【今月のベスト】


風来坊女子の憧れ!! ヤマザキマリ先生の最新作!
『地球恋愛」

イタリア、ツバル、デンマーク、ブラジル、シリア、アメリカといった地球を一周しちゃうような舞台で、オムニバス形式で中年の濃い恋模様が綴られています。

といっても、弘兼憲史ではなく、城達也だあ!
読後感がとてもさわやかで、ジェットストリームを聞いた後の余韻ににてます

今回、舞台となっている国に著者が訪れている、生活していたからでしょう。

北欧のノエルの町並みや、アメリカのマンションなど、リアリティと生活感溢れる表現描写がたくさんあり、「あああ!そうだ!この風景、この空気感!」と「あるある」を感じておりました。
(そしてまた旅にでたくなりました)

一話一話、奇抜ではないですが、善意溢れた、とても良いストーリーでその舞台だけで連載がくめそうなほど素敵な世界観。
でもオムニバス!(贅沢)
何度でも再読できます。

著者の作品で代表作になるのでは。(イタリアの風呂も面白いけど)