ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 河内遥「チルヒ」「ケーキを買いに」 | main | ディズニーランド パリ >>
オークションについて
 オークションを初めて間もなく3週間目に突入。現在の売り上げは約7000ゼニーなり。
初月としては目標1万円としており、もうすぐ目標達成。

売れる商品
・ブランドもの(アクセ、香水)わかりやすい記号なんだろうなあ。
・ブランドに関するもの。紙袋など。エコバックにするんでしょうか。確かに丈夫なつくりです。
・本について。最新刊の漫画、平積みされている作家は動きが速い。3日くらいでまず売れる。出品して「最後に読み返す』間もないぞ。
本体価格+送料をアマゾンより安く設定するのが必須。

動きが悪い商品
・本について。自分がおもうよりビジネス本や自己啓発本は動きがわるそうです。アクセス数自体少ない。
・使用感のある中古品。価格をどんどん下げても入札がかからない。アクセス数は常に二桁なのになあ。写真がわるいのかもしれません。でも、「よくみさせよう」とする写真って、倫理上どうなんだろう。アクセ、靴、食器どれもこの傾向。むむむ。

俺の悪い癖
入札が入ると、「ありがとう!」の気持ちと「この人転売屋なんじゃ」の疑念が同時に噴火します。過去の取引履歴をみてみたり。。正直、区別なんかつきませんが。
落札された商品をたまにウォッチングするしかないだろうな。

オークション、本当にもうけたいなら転売を視野にいれないとむずかしいんだろう。それこそ先物取り引きみたいだ。心が疲れそうなので、しばらくは不要品放出のスタンスでいく。

むかし、ギャラリーフェイク (28) で「ドラマがあるオークションはいいオークションになる」との台詞がある。落札者様と会話するのがちょっと楽しくなってきました。短い間だけですが。

今日はこれにて。





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ym-chandelier.jugem.jp/trackback/9
TRACKBACK