ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 泣〜いてばかりもいられない♬ | main | 作者へのイメージ一新! >>
戦国美姫伝花修羅 3 (プリンセスコミックス)と秋田書店
評価:
山田 圭子
秋田書店
¥ 440
(2011-04-15)
コメント:あれ?まだ商品画像がアップされてないのか。

3巻まで来て、主人公も年齢上がりました。
ていうか、展開はやすぎです!
戦の緊迫感と疾走感のある演出、山田節前開のトンデモ展開(笑)で、一気に読めました。
次刊で一区切りのようで、今回はぶんぶんふりまわした印象。
新キャラ(明智光秀)もクール美形です。
(未だ第一印象ではありますが)「漫画の中では冷たい人が好き」な人は好きなタイプかもしれません。(例:入江君:イタズラなkiss)

今回一番気になるシーンはp56の葯枝様です。(涙であってほしかった。笑)


****
せっかく面白いのに、大型書店でも見つからず、密林でゲットしました。

秋田書店は、私が小中学生の頃から応援してる先生方を未だ大切に抱えてくれてる素晴らしい出版社だと思います。
(ど田舎の小中学生のころから、りぼんとプリンセス、ビバプリンセス、プリンセスゴールドだけはなんとか入手し愛読してました。はじめて王紋やエロイカみたときの衝撃ったらもう。。)

作品群も個性的ですきなんだけどなあ。
いまいち本屋さんでも棚がとれてないのが不思議。
応援つづけますから、これからもよろしくお願いします。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ym-chandelier.jugem.jp/trackback/81
TRACKBACK