ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今作も熱い!山田節炸裂。「戦国美姫伝花修羅 1」 | main | 髪型について >>
どうやって決着するんだ・・・「はじめの一歩(92)」
 はじめに断っておくが、私は一歩に関しても単行本派である。
(定期の漫画雑誌はflowers、コーラスとkiss、モーニング、モーニング2、メロディ。講談社ふえたなあ。)

一歩対ウォーリー戦がまるまる1冊綴られています。
近年、一歩の対戦相手は「小物感」が感じられ、ひさびさのニューデザイン「野生児ウォーリー君」に熱い期待をしていたんだが・・・。
激しい『漫画的キャラクター』設定に驚かされるばかりだ。

そんな「魔球」を打ち砕くのは「日々の積み重ね」というのが、今章のテーマの一つだと思います。
しかし、どうやら正攻法では勝敗が決しない伏線がチラホラ散見されて、気になる。
次巻をよんでからでないと、感想がまとめずらい。
爽快感のある決着をプリーズ。
きっと青木村編のあと、板垣A級トーナメントだろうけど。。
(きっと久美ちゃんとは進展しないから、青木村でトミ子スクランブル希望。)

+++++++++++++++++++++++++++
個人的には一歩に関しては、千堂戦がベストバウト。
作品全体を通すと、王道の鷹村の世界戦です。間柴戦も捨てがたいですが。
本作のテーマのひとつ、「強いってどういうこと?」一歩はもう掴んだんじゃないかな。

(余談ですが、ウォーリー君は少女漫画に出ると結構モテルタイプじゃないか?花咲ける青少年のルマティ的な外見魅力で・・・・私は嫌いじゃない・・・。)
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ym-chandelier.jugem.jp/trackback/39
TRACKBACK