ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 横浜ルミネにいったいなにが・・・。 | main | どうやって決着するんだ・・・「はじめの一歩(92)」 >>
今作も熱い!山田節炸裂。「戦国美姫伝花修羅 1」
 今作もとっても熱いです。
室町後期の時代物。母と一緒に家を追われたお姫様と、それまで彼女を守ってきたシノビの恋のお話。
1巻表示があるように(凄い嬉しい)、今回は主人公をとりまく時代背景を丁寧に紹介した内容。主人公の元気な正確は、山田先生の作品に共通するものがある。
期待を混めて☆5つ。

山田先生、ブログも開設されたし、長期つづきそうな連載のようだし、長年のファンとしては嬉しい限りです。(ありがとう!秋田書店様)

個人的には、「だから牡丹が好きやねん 」シリーズや「VS バーサス  」のような息苦しい疾走感と愛情あふれる物語になるといいなあ。
牡丹に関しては、小学校のとき読んで、作者のギラギラした才能に当てられて、本当に熱だしました。未だに全部初版で持っています。
山田先生の作品は、万人受けする描き方ではないかもしれませんが、ファンにとって、紙面を超えた世界観というか圧する勢いがあると思います。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ym-chandelier.jugem.jp/trackback/38
TRACKBACK