ボンジュール!
nyamazakiシャンデリアです!

小銭王としての成長記録を日々をつづっていきたいと思います。
出来うるかぎり、くだらないことを!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「おおかもこどもの雨と雪」映画
昨日、細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を見てきました。
言葉で表現できないほど良かったです。

ストーリーは地味で、一見ゆっくりとした話の流れですが、約2時間で13年間分の子供の成長を移しています。
主人公のド根性が、希有で、懐かしい気持ちになりました。
覚悟を決めたら、不満は言わず、ど根性。素敵な女性でした。


一番すごかったのは、色彩!!
今まで見たアニメ映画で、一番美しかったです。絵画で実際の風景より綺麗な描写はありますが、それがアニメで実践・実現されていて、衝撃でした。
空、水、樹木それぞれが、実験的な表現で情報量がとても多いです。
特に雪の色の白と樹木の暗さの表現が、印象的でした。
都会の雪と、田舎の雪は違う・・・。


_________
都会に住むようになって8年目、色を区別できる力が年々弱まっているような気がします。
少し田舎にひっこもうかなとも思ったり。思わなかったり。



上野動物園 パンダ熊猫っていうか、熊ですわ。
 


連休7日、上野動物園に噂のパンダ熊猫を見に行った。
パンダ大人気でパンダ大混雑と報道されていたので、対ネズミーランド並みの覚悟で参りました。
11時に入園(遅い)


チケットを自販機で購入しましたが、パンダ画像のチケット!
(上野動物園では、いろんな動物写真のチケットがある。)
やった!オレ「持ってる!」っとおもったが、どうやらこの時期「全員パンダのチケット」らしい。(受付のチャンネーに聞いた。)

パンダ、とてもすいてました。
パンダの影響がないくらい、通常の混み方です。
連休最後の土曜日、雨模様ということもありましたが、それにしては予想より空いてました。
お母様方、迷ったらGOですよ!

東口から入園すると「パンダこちらです」という誘導があり、それにのっかります。
「大人用通路」『こどもつれ通路」にわかれます。
(オイオイ。やっぱりお子様優先かよ。俺は見かけは大人、頭脳はこどもだぜ・・・
とコナンの声で脳内で毒づく。)




シンシン(メス)、リーリー(雄)とおられましたが、シンシンはもうなんというか、お客さん無視で、「日曜日の疲れきって動けないお父さん」状態でした。
なので写真とらず。

今回の写真2枚とも、リーリーさんです。
リーリーさん、己の仕事を全うされてました。
うごくうごく。立ち止まる!
リーリーさんの前だけ、人だかり。

警備の方が「立ち止まらないでください」「もう一回ならんでください」というので、2回ならびました。

パンダ、やっぱり近くでみても熊だよな・・・。
「カワイイ」とはちがう魅力なんだよな。
(同様にペンギンも「カワイイ」とは思わない。)
とおもい、通常の鑑賞モードにもどりました。

ちなみに、あたくしは
虎、熊、オカピ、フラミンゴ、爬虫類館のワニ、レッサーパンダ、ハシビロコウがお気に入りでごす。
今回、ハシビロコウさんが、機敏に動いていて気になりました。
(もう余震はノーサンキューですよ。)




バーチャル 森林浴
 



機種交換を検討中。
この機種、デザインは凄く、あたくし好み。
ただスペックが、3年前に購入した機種より落ちること、
7万円台後半という価格設定により腰が引けてます。

むむう。
落書き
 オークション用に商品説明を描いたけど、枚数制限で入らなかったので此処に掲載。
ちょっとかわいいでしょう。(文字通り自画自賛)

楠桂「不育症戦記 生きた赤ちゃん抱けるまで」
 作者が、自身の「不育症」を公表し、念願の第二子を出産するまでの戦いの記録。
壮絶な内容です。
読後感(主に感動)は今年ベスト5にはいりました・・・。

お腹の中で、赤ちゃんが育たず流産・死産をくりかえしてしまう『不育症』
年間患者数7万人以上
妊娠女性の2〜5%が直面している現実です。
「寿戦記」の後日談では全くない。
ホラー、ラブコメ、エッセイの名手である作者の渾身の一作。
だからこそ、リアリティのありすぎる状況描写が多く、その分作者からのメッセージをたくさん受け取れると思う。

病気に関しては、作者の担当医であり、不育症の権威とされる医師によるわかりやすい解説もあります。

正直なところ、作者があまりにも赤裸々に正確に、自分の経験、感情を記録しているため、読んでる方もシンクロ、不安になってしまうのですが、監修の先生の解説により「医学がここまでわかってるんだ」と安心させてくれるような構成になっています。

作者が、どん底の時の情緒不安定、症状、体調不良まで忠実に表現しています。
本当に命を削って描いた作品だと思う。

また、そのような大変な状況にある中、仕事に手を抜かず、自分に厳しく出来ることを最大限に努力した描写にも泣けました・・・。
(女性編集者に、不育症を打ち明けた場面で号泣しました)


今まで難しかった角度で、「命の尊さ、女の人生」の表現を切り開いた一作だと思います。
本当に力強い作品です。


********
楠桂先生といえば人気作家なので、欲しい本が新刊で発売直後に手に入らないことはほとんどなかったのですが、本作はちがいました。
(発売から読めるまで半年もかかりました。)
本作は傑作です。おそらく売切れたでしょう。。
(部数は少なくない方だと思うし)

ほか、ママリンは健在でした。
パパリンのことも描いてくださった先生に感謝します。

次は、先生のばりばり少女マンガのラブコメがみたいな〜〜〜!!!
明るくて、設定が現実離れした、ハッピーエンドなやつがいいです。
(「あくまでラブコメ」大好き!!)
ろうそく 療法 (妊婦 モデル募集中)
 
このところ、会社員の仕事のパソコン疲れに目をやられているので、ろうそく療法(本当の名前は不明)を毎日やっています。
ただながめるだけ。

火は、太古のむかしから人間の見方のはず!!

今日は、油絵の師匠さんのアトリエで油彩2枚アシスタントした。
裸婦の下塗りなり。

本当は妊婦の裸婦スケッチがしたいのですが、なかなか見つかりません。
狙っていた人たちが結構早めに出産を迎えたり。(おめでとうございます)
今日、思いあまって臨月ing間近の友人にまで「妊婦 裸婦どう』のメールをした。
未だ返事無し。。。おこってるかな。。

ただ、裸婦モデルOKの妊婦ってなかなかいないよよう。
(裸婦モデルさん、若い子、結構いるんですけどね。)

このブログ見て、興味ある方、ぜひコメントください。
場所は横浜です。実動2時間程度、暖房完備。裸婦モデル経験者大歓迎。
ギャラは当事務所の規定?実績による。
一生の記念になりますよ!


2010.12.6追記 山崎シャンデリア
●たくさんのお問い合わせ有り難うございます!●
ただ今、3月、4月頃、に参加可能な妊婦モデルさんを募集しております。
(1月中旬のデッサン会には受付を終了いたしました。)

ご興味のある方、コメント欄にご記入お願い申し上げます。
追って、山崎(管理人)からご連絡申し上げます。

また、12月17日〜26日まで多数の出張/修羅場期間に入るため、お返事ができません。12月27日以降に必ずお返事いたします。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

習作 20101011 / サン・マロ St.malo  
 絵の師匠さんのアトリエで秋の展覧会用の小品を試作中。
今回は小品展なのでF6号くらいになる。

今回は下塗りのみ。
こんごどうなることやら。

1枚目はアミアン大聖堂のつもりで描き始めたが、この形だとシテのノートルダムだな。。。



2枚目は、西仏のサン・マロの海。
サンマロ(st.malo)といえば、のだめカンタービレのモーツアルト好きの城主のコンサートの舞台だ。



夕焼けがきれいでした。これは城壁の上から撮影した写真。



今回描いた、サンマロ、2009年末に訪問しました。
3回目の渡仏でしたが、最も良い思い出になりました。
renne(レンヌ)乗り換えでTGVで行けます!
あたくしは、モンサンミッシェルからバスにのって移動して行きました。
日本人がいなくて、本当によかったです。
海水は味がうすかったです。(飲んだのか)

地図はTGVの到着駅のinfoでもらえます。
出島みたいな地形。


拡大図。


モンサンミッシェルでは島の外(一番島に近いホテル)で,
日の入りから日の出までゆっくり堪能しましたが、サンマロでは島内にとまりました。
迷ってる方、島内はおススメです!

町はクリスマス一色。こちらは城壁内。
城壁の外にもきれいなホテル(ビジネスホテル?)がたくさんあります。
マリーナに無数のヨットがとまっているのをながめるのも美しいです
でも島内!!島内なんです!!



島内にある、星つきのレストラン。予約しなかったけど、お願いして入れてもらった。


牡蠣!西仏といったら牡蠣!!




あの名場面。シャトーブリアンの碑。島の北東にあります。
島の北東、抜け道からでて、砂浜を歩いて、結構あるかないとだめです



名菓クイニーアマン。

島内の教会では無料でクリスマスコンサートが開かれてました。
小尻のイケメン指揮者のウインクで妊娠しそうになりました。

またいきたいです。
迷ってるかた、ちょっと不便な場所ですが、ぜひ行ってみてください。
恍惚でとろけそうなくらい美しい場所です。





NEWS のLIVEとやらにいってきた。
SUMMARY
 ジャニーズのNEWSの東京ドーム公演の最終日に行ってきた。
人生初ジャニーズだ。
まったくご縁がなかったんだが、会社の先輩の友人が急遽行けなくなってしまいチケットが2枚手に入ったのだ。(ミラクル)
予想よりすごくよかった!また行きたい。
先輩方に大感謝した。
現在、強烈に「どの子」という贔屓はいないが、今後も前向きに探索検討したい。


ABSTRACT
あたくしの勤め先は女性が多く、ジャニーズファンの情熱が凄まじい。
冗談でも悪口を聞かれようなら、明日からあたくしの席はないだろう。
特に嵐ファンの情熱はすごい。殉教しかねない。
きくと、多くの友人の会社にも嵐部はあるとのこと。労働組合より団結力あり。
今回、第二勢力のNEWSのライブが東京ドームで開催されるに伴い、社内からのべ●●人くらいで参加するらしい。
急遽、空席が出たとの縁で末席にくわえていただくことになった!、

とはいっても、テレビなんで朝の連ドラ(録画)と着信御礼と情熱大陸、たけしと安住アナの番組くらいしか見ない生活してるんで、NEWSはほぼ未知。嵐やスマッピーなら。。。

社内でも、あたくしがNEWSに行くというと若干波紋があったようだ。
8人くらいに「誰がすきなの?!?!」っと熱い目できかれた。
地方公立出身のあたくしは、女社会が怖いので、そういうときは強者とかぶらない男子の名前を上げることにした。「錦戸くんです」


material and method
チケット6500円(意外と安いのね。)
ペンライト1300円(意外と高いのね。)
ペンライトは高価だし、大行列らしいで、当初ご遠慮したかったが、後に必須アイテムであることがわかる。。。(先輩ありがとう!)
振り付けも全く未知だったが、先輩のアドバイスに従い席近くの上手い娘さんの動きを完全コピーした。


Results
想像してたよりずっとよかった。
ドーム内の無数のペンライトの輝きをみただけで上がった↑
事前予習する時間がなく、「完全、俺はポテンシャルで勝負するゼ!」とNEWSファンから袋だたきにあいそうな状態で臨んだが、杞憂だった。
知ってる曲がほとんどで、「さすがジャニーズ」と思った。
最終日なのでサプライズは誰だろう!ジャニさんだったら・・・!とdokidokiしていたが、山Pの仮装だった。

メンバーはみんなキラキラしていて、「職業、アイドル。」という感じだった。
特に手越君が顕著だった。目当ての錦戸君は多大な疲労が示唆された。
山Pは、「これが山Pか!まさにジャニーズで『』をまとうことが許された男!普通に超かっこいいわ!」という印象。
「職業、山P。」という感じだった。メンバーで一番腹をくくってる感じがした。
他のメンバーも、職場にいたら、あたくしの能率は2割増しになるであろう華やかさだった。
どの子もかわいく、現時点では贔屓を一人にしぼることは困難だった!

CONSIDERATION
3時間はあっという間だった。
行く前は正直不安であった。彼らは25歳前後であり、彼氏にするには若すぎて、息子にするにはでかすぎる年齢であり、自分の中の位置づけが難しかったのだ。
いまのところ、職場の可愛い後輩カテゴリ(実際はいない)が近いかな/

でもこれは人気でるわ。すごいわ。
だってこんなキラキラした男の子たち、現実いないもん。
コミニュケーション不全の男達が目立つなか、「僕たちの感動をみんなに伝えたい!』なんてキラキラした男のこ達にあえる!(金で!)

翌日も、今頃山Pはお寿司でも食べてるのかしら・・・。手越君はなにしてるのかしら。。。とウスラボンヤリしていた。


あたくし、まちがってましたわ。
これからも末席で、先人のFANの皆様にこうべをたれていくことでしょう・・・










野口聡一さん報告会
 先日、野口聡一さんのISS報告会に参加してきました。
またしても抽選に当選!豪運に感謝。

日比谷公会堂にて


一言で言うと。山崎さんの時と全く違う印象だった。
人間くささ、身近さを感じる内容であった。

主に、今回は野口さんのワンマンショーでした。
シャレあり。ユーモアあり。
あっという間の2時間でした。
すごく頭が良くて、ユーモアがある特別なオッチャンのプレゼン。
しかもべらぼうにうまい。
スティーブジョブスとはちがううまさ。
画面に文字はほとんどなく、写真1枚という構成が多い。
わかりやすい、短い言葉。しかも自分の言葉で表現している。
大げさな抑揚はなく、日本人的な語り口。


山崎さんの時は、ほかのクルーも同席し、半分英語による内容だったこともあるかもしれない。
やや報告書を読みあげてる感がつよかった。
山崎さんが美人すぎるのもあるかもしれません^^
ちょっと聖人君子オーラを感じます。(憧れる)

JAXAによる報告。
http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/noguchi/news/homecoming_hibiya_report.html


STS-131ミッションクルー報告会(山崎直子さん)
 
6月30日にJAXA主催のSTS−131クルー報告会に参加しました!
開場直後にいったのですが、前方はほほ子供たちにしめられてました・・・・!
YAC(日本宇宙少年団)の熱意は凄いと聞いてましたが、聞きしに勝る情熱でした。
観察すると、宇宙服(オレンジ)のコスプレの子(プチリー!でした☆)、「打ち上げにみにいった」などなど・・・。おそらく裕福なご家庭が多いんじゃ・・・と妄想。

そげですか。そげなものですか。(byゲゲゲの女房)


内容は、山崎さん含め、他のクルーたちの、作業報告と質疑応答がメインでした。
子供たちがターゲットなためか、報道関係が多いからか、終止、大変穏やかな内容で綴られてました。
(ハヤブサの時、かなり熱い温度でツイッターが綴られてたから、今回も体育会系な報告がおおいのでは・・・と予想してたんです。)

山崎さん、とっても細くて足長い!美人なのが印象うすれるくらい、足が長くてスタイルよかったです。しかも冷静で知的丁寧な話し方で、大和撫子とかこういうものかと思いました。
ほかのクルーも、ほぼ全員まじめ実直そうでアルマゲドン世代としては驚きました。むしろアポロ13的な印象です。(だじゃれとか、言わなそう)
冷静な人が宇宙にいくのか、宇宙にいくと冷静になるのかはわかりませんが、自分とは属性が違うと思いました。

写真1枚目は、開場内の様子。どうやら近く映画化されるようで、ポスターがそこかしこに貼られてました。思わずクスってなるほど、アルマゲドンを意識した?ポスターです!